MENU

英語の発音

 

英語の発音がきれいにできるようになれば、もっと英語を楽しむことが出来ると思っている人も多いのではないでしょうか。英語の発音を上手になりたい人は、英語発音サイトがお勧めです。最近は何でもインターネットで調べたり習得することが出来ますが、英語発音サイトを見れば英語の発音が上手になるかもしれません。最近は辞書も英語発音がわかるような電子辞書なども販売されていますし、DSなどのゲームソフトにも英語発音を音声で指導してくれるものなどもあります。英語の発音は日本人の発音と本場の英語を母国語として使っている人の発音を比べてみると、やはり日本人の発音というのは、アクセントが間違っていることが多いといわれていますが、英語の発音のアクセントが違っているだけで英語というのは通じなくなります。英語のアクセントをする際に、カタカナ読みしたままの通りで英語の発音のアクセントをしてしまうと、全く通じない英語になりますから注意した方がいいですね。英語の発音というのは一度見についてしまうとなかなか矯正するのが難しくなりますから、初めから正しい英語の発音を身につけておくということはとても大切なことです。英語の発音でカラオケで歌うときには上手に発音出来ているのに、いざ英語を話そうと思うと発音が全く違っている人がいますが、英語の曲をカラオケで歌う場合には原曲を耳から聞いて発音を覚えています。

 

しかし私たちが身につける英語の場合は目で見てから発音をあとから付けますから、なかなか正しい発音を身につけることが出来ないといわれていますね。英語の発音は口の形にポイントがあるといれていますから、基礎から英語の発音をしっかりと身につけることが大切です。舌使いとrの発音が英語の発音を上手にするのかの分かれ目ですから、英語教室などで発音をしっかりとマスターしておくことが大切なのではないでしょうか。英語の発音が然りと出来ていなければ、せっかく英語が理解できていたとしても通じないので、意味がありません。海外旅行などへこれから出かける人で英語の発音が不安だという人の場合には、英語の発音を電子辞書に頼るというのも一つの手かもしれませんね。最近の電子辞書は英語の発音をしてくれる辞書もありますから、海外旅行や留学の際に役に立つかもしれません。小さいうちから英語の発音をマスターしておけば大人になっても英語の発音がきれいなまま話すことが出来るようになります。

 

英語の現状

 

現在の英語の現状というのはどのようになっているでしょうか。日本人というのは英語に対しては思い入れがあるといわれているのですが、それは英語の現状がいま悲惨であるからとも言われているのです。英語が話せるような国であれば、英語に関してそれほど思い入れがあるという人は少ないと思うのですが、英語にひときわ思い入れがある日本人、それは英語力がいまいちアップしないことにありました。書店へ行けば英語学習のための書籍が並んでいますし、英語教材の宣伝広告なども雑誌に掲載されています。英語を何とかして上達したいと思っている人が多いというのが現状ですが、実際には日本人の英語の学習能力も低いですし習得率も低いというのが現状です。日本人が英語に対して深い思い入れがあるという理由は英語力が極端に低いことにも原因があるのです。私たちが中学や高校、大学で英語をしっかりと学んだはずなのに、なぜこれほどまでに通用しない英語力なのでしょうか。海外へ行くしか外国人と話をするしか英語の本当の力を学ぶことが出来ない。そんな現状に今の日本はあると思います。日本人の今の英語の状況はかなり悲惨で、今の学習方法を変えなければいけないとかなり数年前から提案は出ていたのですが、結局のところ、英語学習の流れが変わることもなく、現在のように勉強する意味がはたしてあるのかという英語学習になっています。

 

日本で受ける英語学習のみでペラペラと話が出来るくらいの英語力を身につけるということはハッキリ言って無理に近いですね。日本人で海外ですんでいる人や帰国子女等を除いては、小学生からいくら英語を勉強したところで、それほど今までの英語学習と何ら変わりはないのです。今は幼児学習に目を向けるようにといわれていますが、幼児期から英語の学習を始めることでもう少し今の現状を回避できるのではないかといわれています。早いうちからの英語の学習をスタートさせることが英語学習の悲惨な状況を解消させることになるのではないかといわれてはいますが、それが実践できているのはごく少人数の家庭だと思います。英語の現在の日本の状況はほかの海外から見てみても特に悲惨な状況でお隣の韓国でも、同じように英語学習は進められていますが英語の習得率は日本以上に速いといわれています。やはり日本という国が英語学習を間違えていることから、このように身につかない英語を学ぶことになり、時間の無駄になっているのかもしれません。

 

英語の略語

英語の略語というのは意外と色々とあるということをご存知でしたでしょうか?たとえばブランドの名前にもなっているのですがOXOXという英語の略語がありますが、これは何を意味しているのかご存知でしたか?まったく見たままで読み取ることが出来ないのですがこれはHug&kissesという言葉を略している英語なんですね。他にもワイ金はメールやチャットなどでも英語の略語を利用している人というのは多いようですが、LOLという言葉は何の略だかわかりますか?これは英語で大声で笑うという言葉を略している言葉です。Laughting Out Loudを略してLOLという英語で表現しています。他にもサヨナラ、またねという言葉の英語の略語としてはB4Nといった感じで書きますし、わかったよという英語の略語はI seeからきてICとい略語になっています。返事がすぐに欲しい場合のメールなどでよく見かける英語の略語の一つに「WBWSAP」という略語がありますが、これはWright Back As Soon As Possibleという「すぐに返事をちょうだい」という意味の略語になります。英語の略語を覚えておくことでネイティブとのメールのやり取りやチャットのやり取りの際にわずらわしく一文を打つ手間が省けるかもしれませんし、もっと楽しくチャットやメールを送ることが出来るかもしれませんね。

 

他にも、年齢、性別、住まいといったことを略した英語としてASLという言葉がありますが、これはAge Sex Locatuionという言葉を略しています。すごい!という言葉を英語で略すとGR8となったり、これは何となく意味がわかりますよね。愛してるのI LoveYouにおいてはILUといった略語になったりします。すぐに読んで察しがつく英語の略語もあれば、読んでみても察しがつかない英語の略語などもありますから自分で少し色々と考えてみないといけないこともあるかもしれませんね。英語でメールを送ったり、英語でチャットをよくすることがあるという人は、英語の略語を覚えておくといいかもしれませんね。かなりの数があるので覚えるのに時間がかかってしまいそうですが、英語の略語を使っているうちに、きっと自然と使えるようになるのではないでしょうか。英語の略語がすらすらと出てきて使えれば、英語が話せる話せないにかかわらずちょっとカッコいいと思いませんか?普段のブログやメールなどにも英語の略語を利用しているという人も今は増えていますから使ってみると勉強にもなりますし、いいかもしれませんね。英語の略語一覧をサイト上で紹介しているものもありますから利用してみるといいでしょう。